27-142 内分泌疾患と血液検査値の組合せである。


スポンサーリンク


27-142 内分泌疾患と血液検査値の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 甲状腺機能亢進症---------------–血糖値の低下
(2) 原発性アルドステロン症----------—血清カリウム値の上昇
(3) 褐色細胞腫--------------------—血中アドレナリン(エピネフリン)値の低下
(4) 原発性副甲状腺機能亢進症-----—-血清リン値の上昇
(5) 尿崩症-------------------------–血漿浸透圧の上昇


(1) 甲状腺機能亢進症---------------–TSHの低下
(2) 原発性アルドステロン症----------—血清カリウム値の低下
(3) 褐色細胞腫--------------------—血中アドレナリン(エピネフリン)値の上昇
(4) 原発性副甲状腺機能亢進症-----—-血清リン値の低下
(5) 尿崩症-------------------------–血漿浸透圧の上昇


お問い合わせはこちら