フレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドローム


スポンサーリンク


フレイルとは?

健常な状態と要介護状態の中間の状態。
日本老年医学会が提唱している。
体重の減少、活動量の低下、筋力低下、歩行速度の低下など

サルコペニアとは?

進行性及び全身性の骨格筋量および骨格筋力の低下を特徴とする症候群
筋肉力の低下を必須項目とし、筋力または運動機能の低下のいずれかが当てはまればサルコペニアとする。

ロコモティブシンドロームとは?

加齢に伴う運動器の障害によって、要介護状態、または要介護状態になる可能性の高い状態


これらの発症によりADL(生活機能)の低下のリスクが高くなる。


お問い合わせはこちら



関連記事一覧

コメント