ホーム » 投稿 » 36-146 食事調査における食事摂取量の変動と誤差に関する記述である。

36-146 食事調査における食事摂取量の変動と誤差に関する記述である。

スポンサーリンク


36-146 食事調査における食事摂取量の変動と誤差に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 個人内変動は、集団内における個人の違いを示す。

⑵ 日間変動は、個人内変動の 1 つである。

⑶ 系統誤差は、調査日数を増やすことで小さくすることができる。

⑷ 偶然誤差とは、結果が真の値から一定方向へずれることをいう。

⑸ 過小申告の程度は、BMI が低い者ほど大きい。

解答・解説を見る

 

⑴ 個人内変動は、個人内における個人の違いを示す。

集団内における個人の違いは、個人間変動である。

⑵ 日間変動は、個人内変動の 1 つである。

⑶ 偶然誤差は、調査日数を増やすことで小さくすることができる。

⑷ 系統誤差とは、結果が真の値から一定方向へずれることをいう。

⑸ 過小申告の程度は、BMI が高い者ほど大きい。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事