29-147 ホモシスチン尿症の治療に用いられるビタミンである。


スポンサーリンク


29-147 ホモシスチン尿症の治療に用いられるビタミンである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)チアミン
(2)リボフラビン
(3)ナイアシン
(4)ピリドキシン
(5)アスコルビン酸

解答・解説を見る

正しいのは(4)ピリドキシン
 ピリドキシン=ビタミンB6 であることにも注意してください。


 ホモスチン尿症とは?

ホモスチン尿症は先天性代謝異常症の一つで、乳幼児や小児にみられる。
ホモスチン尿症の原因は、シスタチオニンβ合成酵素の欠損であり。この酵素の欠損によって体内にホモスチン、メチオニンが蓄積する。

ピリドキシンは、シスタチオニンβ合成酵素の補酵素であり、ホモスチン尿症の治療では、ビタミンB6の投与、メチオニン摂取の制限などが行われる。


お問い合わせはこちら



コメント