28-7 ランダム化比較対照試験に関する記述である。


スポンサーリンク


28-7 ランダム化比較対照試験に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) 仮説を設定するために用いられる。
(2) 曝露と結果との時間的関係が明確である。
(3) 未知の交絡因子について制御しやすい。
(4) 発生頻度の低い疾患に適用しやすい。
(5) 研究倫理上の問題が生じにくい。

解答・解説を見る

(1) 仮説を設定するために用いられるのは記述疫学

(2) 曝露と結果との時間的関係が明確である。

(3) 未知の交絡因子について制御しやすい。

(4) 発生頻度の低い疾患に適用しやすいのは、症例対照研究である。

(5) 研究倫理上の問題が生じる可能性がある。


お問い合わせはこちら



コメント