管理栄養士国家試験の足切りはあるの?「ある」54%、「ない」36%、「わからない」10%


スポンサーリンク

管理栄養士国家試験の足切りはあるの?

 

管理栄養士国家試験の「足切り」についてご存じですか?

当サイトが行った調査では、半分以上の方が足切りは「ある」と回答しました。

 

この記事では、管理栄養士国家試験の足切りについての見解をまとめます。

 

足切りとは?

 

国家試験前の何らかの試験や授業の成績により国家試験の受験資格を与えないこと。

本来であれば受験できるはずの生徒が受験できなくなる。

 

足切りはあるの?

 

ある大学とない大学がある

 

結論は、「ある」です。

もちろん足切りがあるかないかは大学によります。

あくまでも、Twitter上での調査ですが

当サイトの調査では、半数以上の方が足切りは「ある」と回答しました。

 

足切りは大学側の事情?

 

その理由として、大学の卒業生の管理栄養士国家試験の合格率が挙げられます。

もしもあなたが、大学入学前の学生だった場合、

・国家試験の合格率が、70%の大学

・国家試験の合格率が、100%の大学

 

この2つのどちらを選びますか?

やはり、合格率の高い学校のほうが受験者数が増えやすくなるため、

大学側としては、少しでも多くの受験者を得るため高い合格率を出したいという事情があるのだと思われます。

 

足切りがあっても失望する必要はありません

 

せっかく大学に入ることができても、管理栄養士の受験をさせてもらえないかもしれないと思うと、不安になりますよね。

しかし、たとえ入りたいと思っている大学に足切りがあっても、よほどのことがない限り受験はできます。

最悪の事態にならないためには、大学在学中に必要な単位を取得し、一定基準の成績に達することが大切です。

そのためには、管理栄養士になりたいというあなたの気持ちが一番の原動力となります。

 

最後に

受験資格は、一定の基準を満たせば平等に与えられるものです。

しかし、大学在学中の成績によっては受験できなくなることがあります。

足切りがあるかは、大学によって異なりますが、心配な場合は大学やその大学を卒業した先輩に聞いてみると良いでしょう。

今では、インターネットを通じてそういった方々とつながることも簡単です。

同じ管理栄養士という目標を持ったもの同士ですから、

あなたが質問しても、いやな顔せず答えてくれるのではと思います。

もちろん、足切りをせずとも合格率の高い大学はありますので、あくまで参考程度に見ていただければと思います。

問題・解説についてのお問い合わせ

関連記事一覧

コメント