ホーム » 投稿 » 31-54 微生物に関する記述である。

31-54 微生物に関する記述である。

スポンサーリンク


31-54 微生物に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)クロストリジウム属細菌は、水分活性0.9以上で増殖できる。
(2)バシラス属細菌は、10%の食塩濃度で生育できる。
(3)通性嫌気性菌は、酸素の有無に関係なく生育できる。
(4)偏性嫌気性菌は、酸素の存在下で増殖できる。
(5)好気性菌は、光がなくても生育できる。

解答・解説を見る

(1)クロストリジウム属細菌は、水分活性0.9以上で増殖できる。

 細菌は、水分活性0.9以上、カビは水分活性0.8以上、酵母は水分活性0.88以上で増殖できる。

 また、水分活性0.65以下ではほどんどの微生物が増殖不可能である。

 *クロストリジウム属細菌…嫌気性菌、耐熱性芽胞を作る。

(2)バシラス属細菌は、10%の食塩濃度で生育できる。

 その他、黄色ブドウ球菌も10%の食塩濃度で生育できる。腸炎ビブリオは、3〜8%の食塩濃度で生育できる。

(3)通性嫌気性菌は、酸素の有無に関係なく生育できる。

 通性嫌気性菌は、酸素がなくでも生育できるが、酸素がある環境ではより生育する。

(4)偏性嫌気性菌は、非酸素存在下で増殖する。

(5)好気性菌は、光がなくても生育できる。

スポンサーリンク


関連記事