ホーム » 投稿 » 31-49 食品中のたんぱく質の変化に関する記述である。

31-49 食品中のたんぱく質の変化に関する記述である。

スポンサーリンク


31-49 食品中のたんぱく質の変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)ゼラチンは、コラーゲンを凍結変性させたものである。
(2)ゆばは、小麦たんぱく質を加熱変性させたものである。
(3)ヨーグルトは、カゼインを酵素作用により変性させたものである。
(4)魚肉練り製品は、すり身に食塩を添加して製造したものである。
(5)ピータンは、卵たんぱく質を酢で凝固させたものである。

解答・解説を見る

(1)ゼラチンは、コラーゲンを長時間加熱した際に生成される。

(2)ゆばは、大豆たんぱく質を加熱変性させたものである。

(3)ヨーグルトは、カゼインを酸によって凝固させる。

 ヨーグルトを作る際、乳酸菌の生成した乳酸によって、牛乳のpHが低下する。牛乳に含まれるたんぱく質であるカゼインは、pHが4.6となると凝固するため、その性質を利用してヨーグルトが生成される。

(4)魚肉練り製品は、すり身に食塩を添加して製造したものである。

(5)ピータンは、アルカリによる卵たんぱく質の凝固を利用している。

スポンサーリンク


関連記事