コンテンツへスキップ

31-56 人畜共通感染症に関する記述である。

    スポンサーリンク


    31-56 人畜共通感染症に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

    (1)リステリア症は、髄膜炎の原因となる。
    (2)炭疽は、感染動物との接触によって感染する。
    (3)ブルセラ症は、感染動物由来の乳製品が感染源となる。
    (4)レプトスピラ症は、汚染した水が原因となる。
    (5)プリオン病は、ワクチンで予防できる。

    解答・解説を見る

    (1)リステリア症は、髄膜炎の原因となる。

     リステリア菌の原因食品として、乳製品や食肉加工品、魚介類加工品がある。低温環境や12%の塩分濃度でも増殖できるため注意が必要である。

    (2)炭疽は、感染動物との接触によって感染する。

    (3)ブルセラ症は、感染動物由来の乳製品が感染源となる。

    (4)レプトスピラ症は、汚染した水が原因となる。

    (5)プリオン病は、ワクチンで予防することはできない。

     感染動物の食肉の流通を防ぐための検査や規制によって予防する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事