ホーム » 投稿 » 31-57 残留性有機汚染物質に関する記述である。誤

31-57 残留性有機汚染物質に関する記述である。誤

スポンサーリンク


31-57 残留性有機汚染物質に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)ワシントン条約によって、規制される対象物質が指定されている。
(2)ダイオキシンは、ゴミの焼却により生成される。
(3)PCBは、カネミ油症事件の原因物質である。
(4)アルドリンは、使用が禁止されている。
(5)DDTは、自然環境かでは分解されにくい。

解答・解説を見る

(1)残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約によって、規制される対象物質が指定されている。

「ワシントン条約(Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約))は、自然のかけがえのない一部をなす野生動植物の一定の種が過度に国際取引に利用されることのないようこれらの種を保護することを目的とした条約です。」- 経済産業省「ワシントン条約(CITES)」より引用

(2)ダイオキシン類(PCDDs、PCDFs及びコプラナーPCBs)は、ゴミの焼却により生成される。

(3)PCB(ポリ塩化ビフェニル)は、カネミ油症事件の原因物質である。

(4)アルドリンは、現在使用が禁止されているが、過去には農薬などに使用されていた。

(5)DDTは、自然環境かでは分解されにくい。

スポンサーリンク


関連記事