31-48 日本食品成分表2015年版(七訂)に関する記述である。


スポンサーリンク

31-48 日本食品成分表2015年版(七訂)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)たんぱく質量は、食品に含まれる窒素量から算出する。
(2)酢酸のエネルギー換算係数は、アルコールより大きい。
(3)肉類の炭水化物の値は、差し引き法を適用する。
(4)食物繊維の定量は、ガスクロマトグラフ法を適用する。
(5)「ー」は、測定で検出されなかったことを示す。

解答・解説を見る

(1)たんぱく質量は、食品に含まれる窒素量から算出する。

(2)酢酸のエネルギー換算係数は、アルコールより小さい。

 酢酸は3.5kcal/g、アルコールは7kcal/gである。

(3)肉類の炭水化物の値は、アンスロン硫酸法を適用する。

 差引き法が用いられるのは、一般食品。

(4)食物繊維の定量は、プロスキー変法を適用する。

(5)「ー」は、未測定であることを示す。

問題・解説についてのお問い合わせ