28-45 運動器疾患に関する記述である。


スポンサーリンク


28-45 運動器疾患に関する記述である。正しいのはどれか。lつ選べ。

(1) 骨粗鬆症は、若年男性に好発する。
(2) クッシング症候群は、骨粗鬆症の原因となる。
(3) やせは、変形性関節症のリスク因子である。
(4) ビタミンA欠乏は、骨軟化症の原因となる。
(5) ビタミンK欠乏は、くる病の原因となる。

解答・解説を見る

(1) 骨粗鬆症は、高齢女性に好発する。

(2) クッシング症候群は、骨粗鬆症の原因となる。
 クッシング病では、副腎ステロイドホルモンが過剰に分泌されることにより、骨吸収の亢進と骨形成の低下をきたし骨量が減少する。
 また、原発性副甲状腺機能亢進症、糖尿病なども骨粗鬆症の原因となる。

(3) 肥満は、変形性関節症のリスク因子である。

(4) ビタミンD欠乏は、骨軟化症の原因となる。

(5) ビタミンD欠乏は、くる病の原因となる。


お問い合わせはこちら