30-3 年齢調整死亡率に関する記述である。


スポンサーリンク

30-3 年齢調整死亡率に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)対象集団の年齢構成の違いによらず、粗死亡率より大きくなる。
(2)標準化死亡比は対象集団の人口規模が小さいと使用できないこ。
(3)老年人口が多い集団と少ない集団を比較できる。
(4)基準集団を設定しなくても算出できる。
(5)海外の集団との比較はできない。

解答・解説を見る

(1)対象集団の年齢構成の違いによって粗死亡率は変化する。
 年齢構成の違いによって変化しないのは年齢調整死亡率である。

(2)標準化死亡比は間接法によって人口規模の小さい対象集団にも使用できる。
 標準化死亡比によって、人口構成の違いを除去して集団の死亡率を比較することができる。

(3)老年人口が多い集団と少ない集団を比較できる。

(4)基準集団を設定する必要がある。

(5)海外の集団との比較はできる。



『年齢調整死亡率=年齢の影響を除いた死亡率』
 年齢構成を調整した死亡率(人口10万対)。年齢構成の異なる集団について、年齢構成の相違を気にすることなく、より正確に地域比較や年次比較をすることができる。

『粗死亡率とは?』
 死亡数を人口で除したもの。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント