ホーム » 投稿 » 30-153 集団のアセスメントを目的とした食事調査における誤差要因と、その対策の組合せである。

30-153 集団のアセスメントを目的とした食事調査における誤差要因と、その対策の組合せである。

スポンサーリンク


30-153 集団のアセスメントを目的とした食事調査における誤差要因と、その対策の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)対象者の思い出し能力――調査日数を増やす
(2)対象者の過少申告―――-24時間思い出し法を用いる
(3)食品成分表の精度――――秤量法を用いる
(4)個人内変動―――――――食物摂取頻度調査法を用いる
(5)季節変動――――――――対象の人数を増やす

解答・解説を見る

(1)対象者の思い出し能力――調査日数を減らす

(2)対象者の過少申告の対策のためには、陰膳法を用いると良い。
 *24時間思い出し法とは?
  熟練の管理栄養士が対象者と面接をし、24時間以内に摂取した食事のメニューや、食材、重量を聞き取る方法。
  誤差を防ぐために詳細な食事内容まで聴取する必要がある。

(3)食品成分表の精度――――陰膳法を用いる
 *陰膳法とは?
  対象者の食べた食事と同じものを1食分作り、それを買い上げて化学分析を行うことによって、摂取量を把握する。
  食品成分表が有する誤差を解消できるというメリットがあるが、多くの手間と経費が掛かる。

(4)個人内変動―――――――食物摂取頻度調査法を用いる
 *個人内変動とは?
  個人による摂取する栄養素の日差のこと。個人および集団の摂取量を調査する際に大きな影響を及ぼす。
  秤量法などでは、特に個人内変動は大きい。

(5)季節変動――――――――調査日数や回数を増やす

スポンサーリンク


コメント

関連記事