29-160 栄養素等摂取量の把握方法に関する記述である。


スポンサーリンク


29-160 栄養素等摂取量の把握方法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)24時間食事思い出し法は、調査者の技術の影響を受けにくい。
(2)秤量による食事記録法は、対象者の負担が少ない。
(3)目安量による食事記録法は、食品成分表に記載されていない栄養素の摂取量が把握できる。
(4)体重の変化量は、エネルギー収支バランスの指標となる。
(5)早朝尿のナトリウム量は、過去数か月間の平均食塩摂取量の指標となる。
 

解答・解説を見る

(1)24時間思い出し法は調査者の聞き取る技術が必要である。

(2)秤量による食事記録法は、対象者の負担が大きい。

(3)陰膳法では、食品成分表に記載されていない栄養素の摂取量が把握できる。

(4)体重の変化量は、エネルギー収支バランスの指標となる。

(5)早朝尿では、24時間尿中ナトリウムを推定することによって、一日の食塩摂取量の指標とすることができる。


お問い合わせはこちら



コメント