26-162 食事調査における誤差に関する記述である。

スポンサーリンク

26-162 食事調査における誤差に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
(1) 個人の習慣的摂取量を真の値に近づけるためには、調査日数を増やす。
(2) 集団の摂取量を真の値に近づけるためには、対象の人数を増やす。
(3) 摂取量による集団内での個人のランクづけは、個人内変動が小さいほど正確である。
(4) 集団の摂取量の系統誤差を小さくするためには、調査日数を増やす。
(5) 集団の摂取量の偶然誤差を小さくするためには、対象の人数を増やす。


(1) 個人の習慣的摂取量を真の値に近づけるためには、調査日数を増やす。

(2) 集団の摂取量を真の値に近づけるためには、対象の人数を増やす。
(3) 摂取量による集団内での個人のランクづけは、個人内変動が小さいほど正確である。
×(4) 集団の摂取量の系統誤差を小さくするために、調査日数を増やしても系統誤差を小さくすることはできない。
(5) 集団の摂取量の偶然誤差を小さくするためには、対象の人数を増やす。