29-49 膠原病に関する組合せである。


スポンサーリンク


29-49 膠原病に関する組合せである。誤っているのはどれか。1つ選べ。
(1)全身性エリテマトーデス (SLE) —- 蝶形紅斑
(2)全身性エリテマトーデス (SLE) —- ループス腎炎
(3)関節リウマチ —————— 急性糸球体腎炎
(4)シェーグレン症候群 ————- 唾液分泌量の減少
(5)強皮症 ———————– 嚥下障害

解答・解説を見る

(1)全身性エリテマトーデス (SLE)
(2)全身性エリテマトーデス (SLE)
 全身性エリテマトーデス(SLE)は、全身の様々な臓器への炎症や皮膚症状が発生する炎症性疾患である。主な症状は関節炎、腎障害(ループス腎炎)、漿膜炎、神経障害や蝶形紅斑、口内炎などの皮膚症状である。
 治療は基本的にステロイド。

(3)関節リウマチ
 関節リウマチは中年女性で発症しやすい対称性かつ多発性の関節炎である。
 抗TNFα抗体などの生物学的抗体によって治療が行われる。

(4)シェーグレン症候群
 シューグレン症候群の主な症状は、目や口の渇きである。女性に発症することが多い。

(5)強皮症
 強皮症は、全身性皮膚硬化症ともいわれる。主な症状はレイノー現象や、ソーセージ様手指、食道の機能異常による嚥下障害などである。抗Scl-70抗体によって診断される。
 


お問い合わせはこちら



コメント