29-24 生体エネルギーと生体酸化に関する記述である。


スポンサーリンク


24 生体エネルギーと生体酸化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)ATPの産生は、グルコースの異化の過程で起こる。
(2)脱共役たんぱく質 (UCP)は、AMP産生を抑制する。
(3)AMPは、高エネルギーリン酸化合物である。
(4)電子伝達系の電子受容体は、窒素である。
(5)グルタチオンは、活性酸素産生を促進する。

解答・解説を見る

(1)ATPの産生は、グルコースの異化の過程で起こる。

(2)脱共役たんぱく質 (UCP)は、ATP産生を抑制する。

(3)ATPは、高エネルギーリン酸化合物である。

(4)電子伝達系の電子受容体は、酸素である。

(5)グルタチオンは活性酸素を消去する。


お問い合わせはこちら



コメント