コンテンツへスキップ

29-25 酵素に関する記述である。

    スポンサーリンク


    29-25 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)アポ酵素は、触媒作用を示す。
    (2)酵素のアロステリック部位は、基質を結合する。
    (3)アイソザイムは、ミカエリス定数 (Km)が同じ酵素である。
    (4)酵素の反応速度は、至適pHで最大となる。
    (5)律速酵素は、代謝経路で最も速い反応に関与する。

    解答・解説を見る

    (1)触媒作用を示すのはホロ酵素である。
     アポ酵素は触媒作用を示さない。

    (2)酵素のアロステリック部位は、基質以外の部分に結合して性質を変えてしまう。

    (3)アイソザイムはミカエリス定数は同じではない。
     アイソザイムとは、同じ化学反応を持つが、一次構造の違う酵素がいくつかあるものをいう。

    (4)酵素の反応速度は、至適pHで最大となる。

    (5)律速酵素は代謝経路で最も遅い反応を触媒する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事