29-48 免疫に関する記述である。


スポンサーリンク


29-48 免疫に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)好中球は、抗体を産生する。
(2)マクロファージは、抗原提示を行う。
(3)形質細胞は、細胞性免疫を担う。
(4)母乳中の抗体による免疫は、能動免疫である。
(5)抗体は、血漿のアルブミン分画にある。

解答・解説を見る

(1)好中球は主に細菌や異物の貪食・処理をする。抗体を産生するのは、形質細胞である。
 好中球は、白血球数のほぼ半数を占める。

(2)マクロファージは、抗原提示を行う。

(3)形質細胞は体液性免疫を行う。

 *体液性免疫:B細胞(形質細胞になる)、抗体が関与する。
 *細胞性免疫:好中球、キラーT細胞、マクロファージ等が関与する

(4)母乳中の抗体による免疫は受動免疫である。

 免疫には、受動免疫と能動免疫がある。
 受動免疫では、自分以外の抗体を利用するのに対し、能動免疫では、自分の中で抗体を作る。
 *受動免疫:母乳中の抗体による免疫、γ-グロブリンの与薬、
 *能動免疫:ワクチン接種、病気の罹患

(5)抗体は血症のグロブリン分画にある。


お問い合わせはこちら



コメント