29-28 情報伝達に関する記述である。


スポンサーリンク


28 情報伝達に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)副交感神経終末の伝達物質は、ノルアドレナリンである。
(2)インスリン受容体は、細胞膜を7回貫通する構造をもつ。
(3)グルカゴン受容体刺激は、肝細胞内でcGMP (サイクリックGMP)を生成する。
(4)細胞内カルシウムイオン濃度の低下は、筋細胞を収縮させる。
(5)ステロイドホルモンは、遺伝子の転写を調節する。

解答・解説を見る

(1)副交感神経終末の伝達物質はアセチルコリンである。

(2)インスリン受容体は細胞膜を1回だけ貫通する。

(3)グルカゴン受容体刺激は、cAMPを生成する。

(4)細胞内カルシウムイオンの低下は筋肉を弛緩させる。

(5)ステロイドホルモンは、遺伝子の転写を調節する。


お問い合わせはこちら



コメント