29-36 消化管ホルモンとその作用の組合せである。


スポンサーリンク

消化管ホルモンとその作用の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)セクレチン ・・・・・・・・・・ 胃酸分泌の促進
(2)ガストリン ・・・・・・・・・・ 胃酸分泌の抑制
(3)インクレテン ・・・・・・・・ インスリン分泌の促進
(4)コレシストキニン ・・・・ 膵酵素分泌の抑制
(5)グレリン ・・・・・・・・・・・・ 摂食抑制

解答・解説を見る

(1)セクレチンは、G細胞を刺激し胃酸分泌を抑制する。

(2)ガストリンは、胃酸分泌を促進する。

(3)インクレテン ・・・・・・・・ インスリン分泌の促進

(4)コレシストキニンは、胆のう収縮機能を持つ。

(5)グレリンは、胃の細胞から分泌され、下垂体に働いて成長ホルモン分泌をまた、視床下部に働いて食欲を増強させる。

 


 セクレチン

 小腸粘膜で作られる、膵臓からの膵液の分泌を亢進させる消化管ホルモン。十二指腸に胃からの酸性内容物が入ると分泌される。
 主な作用は「膵液の分泌促進」「胃酸の分泌抑制」

 ガストリン

 胃のG細胞から分泌されるホルモンである。
 主な作用は「胃主細胞からのペプシン分泌促進」、「胃壁細胞からの胃酸分泌促進作用」、「インスリン分泌促進作用」

 インクレチン

 小腸から分泌される消化管ホルモン。主な作用は「インスリンの分泌促進」、「膵臓からのグルカゴン分泌を抑制」
 インクレチンは、血糖維持に重要なインスリンやグルカゴンの分泌をコントロールしていることから、間接的に血糖維持に関与している。

 コレシストキニン

 主な作用は、「胆嚢の収縮機能」、「胃酸分泌抑制」、「膵液の分泌促進」、「食欲の抑制」など

 グレリン

 胃から分泌されるペプチドホルモン。主な作用は、「食欲の増強」、「成長ホルモンの分泌促進」
 絶食によって分泌が増加する。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント