ホーム » 投稿 » 29-30 細胞・組織にみられる変化に関する記述である。

29-30 細胞・組織にみられる変化に関する記述である。

スポンサーリンク


29-30 細胞・組織にみられる変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)急性細菌感染の浸潤細胞は、主にリンパ球である。
(2)急性炎症では、血管の透過性は低下する。
(3)アミロイド変性は、脂肪変性の1つである。
(4)アポトーシスは、プログラムされた細胞死である。
(5)過形成は、組織を構成する細胞の容積が増大する。

解答・解説を見る

(1) 急性細菌感染の浸潤細胞は主に好中球である。
 慢性炎症の浸潤細胞は、主にリンパ球である。

(2)  急性炎症では血管の透過性は亢進する。

(3) アミロイド変性はタンパク質変性の一つである。

(4) アポトーシスは、プログラムされた細胞死である。
 アポトーシスの対義語として、「壊死」や「ネクロ―シス」などがあるが、壊死やネクロ―シスは、細胞の障害や酸素の供給不足などによって起こる死である。

(5) 過形成は細胞の数が増加する。
 肥大では、組織を構成する細胞の容積が増大する。

スポンサーリンク


コメント