コンテンツへスキップ

29-10 喫煙に関する記述である。

    スポンサーリンク


    10 喫煙に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
    (1)受動喫煙防止対策として、健康増進法に施設管理者に対する罰則規定が定められている。
    (2)たばこ煙中のタールは、依存症の原因となる。
    (3)医療機関で保険による禁煙治療を受けるのに、喫煙の本数や年数は関係ない。
    (4)たばこ規制に関する世界保健機関枠組条約には、健康警告表示の強化が含まれている。
    (5)禁煙指導の方法として、低ニコチンたばこの活用がある。

    解答・解説を見る

    (1)受動喫煙防止対策では現在罰則規定はない。

    (2)タバコ煙中のニコチンが依存症の原因となる。
     タールには数百種類の発がん物質が含まれており、黒く粘りがある物質であることから『ヤニ』の原因でもある。

    (3)『一日の喫煙本数とこれまでの喫煙年数をかけて200以上』という条件が含まれているため、関係ないわけではない。

    (4)たばこ規制に関する世界保健機関枠組条約には、健康警告表示の強化が含まれている。

    (5)低タールかつ低ニコチンタバコ(「軽い」タバコ)を喫煙すると、実際には禁煙がより困難となる可能性がある

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事