29-3 わが国における熱中症の発生状況と、予防・治療に関する記述である


スポンサーリンク

3 わが国における熱中症の発生状況と、予防・治療に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)救急搬送者数は、最近10年間横ばいである。
(2)患者の半数以上は、九州・沖縄地方で発生する。
(3)屋内での発症は、ほとんど見られない。
(4)予防のための指標として、湿球黒球温度(WBGT)がある。
(5)熱痙攣の発症直後には、電解質を含まない水を与える。

解答・解説を見る

(1)ここ数年の救急搬送者数は増加しています。

(2)九州・沖縄地方は日本国内でも気温の高い地域であるが、東京都や愛知県、大阪府などの都市部のほうが患者数が多い傾向にある。
 この理由として、都市部におけるヒートアイランド現象が関係しているのではないかと考えられる。

(3)屋内でも発症しているため注意が必要である。

(4)予防のための指標として、湿球黒球温度(WBGT)がある。

(5)熱痙攣は汗を大量にかき、水分を大量に摂取しているにもかかわらず塩分が足りていないために低ナトリウム血症を起こしていることがある。そのため電解質の摂取は必要である。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント