29-16 医療法に規定されている事項に関する記述である。


スポンサーリンク

16 医療法に規定されている事項に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)病院とは、50人以上の患者を入院させるための医療施設である。
(2)無床診療所とは、医師が一人しかいない医療施設である。
(3)医療計画は、国が策定する。
(4)医療連携体制は、医療計画に記載する。
(5)基準病床数とは、各医療機関が備えるべき病床数である。

解答・解説を見る

(1)  医療法では,医師または歯科医師が,公衆または特定多数人のために医業や歯科医業を行なう場所で,20ベッド以上の収容施設をもつものを病院とし,医師,看護師,その他の従業員などの数,施設の種類などが省令で定められている。

(2) 無床診療所とは、入院施設のない診療所である。

(3) 医療計画は、都道府県が作成する。

(4) 医療連携体制は、医療計画に記載する。

(5) 基準病床数は、医療計画によって策定された医療圏ごとの病床数のこと。
 病院の病床及び診療所の療養病床の適正配置を図ることを目的として定められている。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント