29-4 2011年以降のわが国の人口に関する記述である。


スポンサーリンク

29-4 2011年以降のわが国の人口に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)総人口は、約1億1千万人である。
(2)自然増減数は、マイナスである。
(3)合計特殊出生率は、減少している。
(4)従属人口指数は、減少している。
(5)人口構造は、ピラミッド型を示している。

解答・解説を見る

(1)総人口は約1億2700万人である。

(2)自然増減数は、マイナスである。

(3)合計特殊出生率は前年と同率であった。
 合計特殊出生率は、粗再生産率とも言われ、再生産年齢である15~49歳の女性が一生に産む子供の数を示す。

(4)従属人口指数は、年々増加傾向にある。
 従属人口指数とは、年少人口と老年人口をあわせたものを生産年齢人口で割ったもの。生産年齢人口のうちの1人が、何人の年少人口と老年人口のものを支えているかを表している。

(5)日本の人口構造はつぼ型である。(子供が少なく、お年寄りが多い)
 平成12年(2000年)では、ひょうたん型であったが、50年後の平成62年(2050年)には完全につぼ型の人口ピラミッドになると予測されている。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント