29-126 栄養食事指導料の算定に関する記述である。


スポンサーリンク


29-126 栄養食事指導料の算定に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)入院患者は、1週間に2回算定できる。
(2)外来患者は、初回月に3回算定できる。
(3)集団栄養食事指導料は、1回の指導時問30分で算定できる。
(4)集団栄養食事指導料は、入院患者と外来患者を同時に指導しても算定できる。
(5)成人の食物アレルギー食は、算定対象である。

解答・解説を見る

(1)入院患者は、入院中に2回算定できる。

(2)外来患者は、初回月に2回算定、それ以降月1回できる。

(3)集団栄養食事指導料は、1回の指導時問40分以上で算定できる。

(4)集団栄養食事指導料は、入院患者と外来患者を同時に指導しても算定できる。

(5)小児の食物アレルギー食は、算定対象となる。


お問い合わせはこちら



コメント