コンテンツへスキップ

29-134 胃食道逆流症に関する記述である。

    スポンサーリンク


    29-134 胃食道逆流症に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

    (1)原因には、腹圧の上昇がある。
    (2)アルコール摂取により、下部食道括約筋圧が低下する。
    (3)高脂肪食は、胃排泄速度を遅延させる。
    (4)1回の食事量を少なくする。
    (5)食後は、仰臥位安静とする。

    解答・解説を見る

    (1)原因には、腹圧の上昇がある。

    (2)アルコール摂取により、下部食道括約筋圧が低下する。

    (3)高脂肪食は、胃排泄速度を遅延させる。

    (4)1回の食事量を少なくする。

    (5)食後は、仰臥位安静とする。
     食後はできるだけ立位か座位とし、胃の内容物の逆流を防ぐ。

     

     胃食道逆流症の原因

     ・胃酸過多や胃酸の逆流、胆汁の逆流
     ・食道括約筋の緩み
     ・食事
     ・年齢による胃腸機能の低下
     ・肥満により食道裂孔ヘルニアになりやすい
     ・食後横になる行為
     など様々。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事