29-148 妊娠前および妊娠中の管理に関する記述である。


スポンサーリンク


29-148 妊娠前および妊娠中の管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)妊娠の可能性がある時期では、葉酸のサプリメントは使用しない。
(2)妊娠糖尿病の発症率は、肥満者では低くなる。
(3)糖尿病合併妊娠例の治療には、インスリン療法は禁忌である。
(4)1日尿量500mLの妊娠高血圧症候群患者の水分摂取は、前日尿量を考慮する。
(5)妊娠性貧血では、ビタミンAを補給する。

解答・解説を見る

(1)妊娠の可能性がある時期では、葉酸は胎児の神経管閉鎖障害を防止するため、食事内容に合わせて葉酸のサプリメントを使用する。

(2)妊娠糖尿病の発症率は、肥満者では高くなる。

(3)基本は食事によってコントロールするが、糖尿病合併妊娠例の治療には、インスリン療法は禁忌ではない。
 経口血糖降下薬は胎児に悪影響であるため、用いない。
 それに対して、インスリンは胎盤を通過することができないことや、血糖コントロールの予測がつきやすいという特徴がある。

(4)1日尿量500mLの妊娠高血圧症候群患者の水分摂取は、前日尿量を考慮する。

(5)妊娠性貧血では、鉄を補給する。
 妊娠中は鉄の需要が高まるため、鉄の不足に注意する。


お問い合わせはこちら



コメント