29-132 糖尿病合併症予防のための栄養管理である。


スポンサーリンク


29-132 糖尿病合併症予防のための栄養管理である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)炭水化物の摂取エネルギー比率は、70%とする。
(2)たんぱく質の摂取エネルギー比率は、7%とする。
(3)コレステロールの摂取量は、400mg/日とする。
(4)食塩の摂取量は、10g/日とする。
(5)食物繊維の摂取量は、25g/日とする。

解答・解説を見る

(1)炭水化物の摂取エネルギー比率は50~60%とする。さらに食物繊維が豊富な食品を選択すると良い。

(2)たんぱく質の摂取エネルギー比率は、7%では低い。

 たんぱく質の摂取量は15~20%とする。
 体重あたりの量で求める場合は、成人では、標準体重(kg)×1.0~1.2が望ましい。

(3)コレステロールの摂取量

 高コレステロール血症の場合はコレステロールは200g/日未満とする。

(4)食塩の摂取量

 高血圧を合併している場合は6g/日未満
 高血圧予防として男性9g/日未満、女性7.5g/日未満

(5)食物繊維の摂取量



お問い合わせはこちら



コメント