コンテンツへスキップ

28-60 細菌性食中毒の原因菌と主な発生源となる食品の組合せである。

    スポンサーリンク


    60 細菌性食中毒の原因菌と主な発生源となる食品の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) 腸炎ビブリオ ―― 野菜
    (2) カンピロバクター ― きのこ類
    (3) サルモネラ ―――鶏卵
    (4) ブドウ球菌 ―――二枚貝
    (5) ウェルシュ菌 ―― はちみつ

    解答・解説を見る

    (1)腸炎ビブリオは海産魚介類や野菜の浅漬けが発生源となる。

     腸炎ビブリオ食中毒の特徴
     ●好塩性
     ●グラム陰性桿菌
     ●潜伏期は12時間くらい

    (2)カンピロバクターは食肉類や水が発生源となる。

     カンピロバクター食中毒の特徴 
     ●潜伏期は2~7日間
     ●十分な加熱により予防可能
     ●症状は下痢や腹痛

    (3)鶏卵は、サルモネラによる食中毒の発生源となる食品である。

     サルモネラ食中毒の特徴
     ●グラム陰性桿菌
     ●潜伏期は8~48時間

    (4)ブドウ球菌は寿司やおにぎり、手作りケーキなどが発生源となる。

     黄色ブドウ球菌食中毒の特徴
     ●エンテロトキシンという熱に強い毒素を産生する。
     ●手指の化膿創なども、原因となる。

    (5)ウェルシュ菌は深鍋大量調理によるカレーやシチューが発生源となる。はちみつはボツリヌス菌の発生源。

     ボツリヌス菌の特徴
     ●嫌気性菌
     ●芽胞を作る
     ●無酸素状態の食品で増殖しやすい(缶詰、瓶詰等)
     ●はちみつによる乳児ボツリヌス症が発生している。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事