28-28 情報伝達に関する記述である。


スポンサーリンク


28-28 情報伝達に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 交感神経終末の伝達物質は、アセチルコリンである。
(2) 肝細胞のグルカゴン受容体刺激は、グリコーゲン合成を促進する。
(3) アドレナリン受容体は、核内受容体である。
(4) cAMP(サイクリックAMP)は、セカンドメッセンジャーである。
(5) インスリンは、肝細胞のグルコース輸送体(GLUT2)に作用する。

解答・解説を見る

(1) 交感神経終末の伝達物質は、ノルアドレナリンである。

(2) 肝細胞のグルカゴン受容体刺激は、グリコーゲン合成を抑制する。

(3) アドレナリン受容体は、細胞膜受容体である。

(4) cAMP(サイクリックAMP)は、セカンドメッセンジャーである。

(5) インスリンは、グルコース輸送体(GLUT4)に作用する。


お問い合わせはこちら