28-32 血液検査に関する記述である。


スポンサーリンク

28-32 血液検査に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1) HbA1cは、過去1~2週間の血糖値を反映する。
(2) CRP(C反応性たんぱく質)は、炎症の指標として利用される。
(3) PSAは、胃がんの腫瘍マーカーである。
(4) ALTは、ASTより肝特異性が高い。
(5) 血清アルブミン値は、ネフローゼ症候群で上昇する。


正しいのは
(2) CRP(C反応性たんぱく質)は、炎症の指標として利用される
(4) ALTは、ASTより肝特異性が高い。


全ての文を正しく直した場合
(1) HbA1cは、過去1~2か月の血糖値を反映する。
(2) CRP(C反応性たんぱく質)は、炎症の指標として利用される。
(3) PSAは、前立腺がんの腫瘍マーカーである。
(4) ALTは、ASTより肝特異性が高い。
(5) 血清アルブミン値は、ネフローゼ症候群で低下する。

問題・解説についてのお問い合わせ