ホーム » 投稿 » 28-39 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。

28-39 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。

スポンサーリンク


28-39 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 血液中の赤血球は、糸球体でろ過される。
(2) 心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)は、ナトリウムの排泄を促進する。
(3) 尿細管で再吸収される原尿は、糸球体でろ過された量の約1%である。
(4) エリスロポエチンは、カルシウムの再吸収を促進する。
(5) レニンは、尿管から分泌される。

解答・解説を見る

(1) 血液中の赤血球は、糸球体でろ過されない。

(2) 心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)は、ナトリウムの排泄を促進する。

(3) 尿細管で再吸収される原尿は、糸球体でろ過された量の約99%である。

(4) エリスロポエチンは、赤血球の産生を増加する。

(5) レニンは、傍糸球体細胞から分泌される。

 

スポンサーリンク


関連記事