28-47 貧血に関する記述である


スポンサーリンク


28-47 貧血に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 悪性貧血は、悪性腫瘍に合併する貧血をさす。
(2) 胃全摘直後に、巨赤芽球性貧血を発症する。
(3) 鉄欠乏性貧血では、ヘモグロビンの合成が亢進する。
(4) 鉄欠乏性貧血では、血清フェリチン値が上昇する。
(5) 腎性貧血は、エリスロポエチンの産生低下による。

解答・解説を見る

(1) 悪性貧血は、ビタミンB12欠乏によって起こる

(2) 胃全摘から数年後に、巨赤芽球性貧血を発症する。

(3) 鉄欠乏性貧血では、ヘモグロビンの合成が低下する。

(4) 鉄欠乏性貧血では、血清フェリチン値が低下する

(5) 腎性貧血は、エリスロポエチンの産生低下による。


お問い合わせはこちら