ホーム » 投稿 » 28-22 糖質と脂質に関する記述である。

28-22 糖質と脂質に関する記述である。

スポンサーリンク


28-22 糖質と脂質に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) グルコースは、5個の炭素原子をもつ。
(2) デオキシリボースは、6個の炭素原子をもつ。
(3) ホスファチジルコリンは、糖質である。
(4) リン脂質は、ホルモン感受性リパーゼにより分解される。
(5) ホスファチジルイノシトールは、リン脂質である。

解答・解説を見る

(1) グルコースは、6個の炭素原子をもつ。
 グルコース、フルクトース、ガラクトース:C6H12O6
 マルトース、スクロース:C12H22O11

(2) デオキシリボースは、5個の炭素原子をもつ。
 デオキシリボース:C5H10O4

(3) ホスファチジルコリンは、リン脂質の一種である。

 リン脂質は複合脂質の一種である。複合脂質には、リン脂質と糖脂質がある。

 リン脂質には、スフィンゴミエリン、ホスファチジン酸、ホスファチジルコリン、ホスファチジルセリン、ホスファチジルイノシトールなどがある。

(4) リン脂質は、リポたんぱく質リパーゼにより分解される。

 リポタンパク質リパーゼは、血中の中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解し、脂肪組織への貯蔵を促す。

(5) ホスファチジルイノシトールは、リン脂質である。

スポンサーリンク