28-43 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。


スポンサーリンク


28-43 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 横隔膜は、呼気時に収縮する。
(2) 気管支平滑筋は、副交感神経の興奮で弛緩する。
(3) 血中二酸化炭素分圧の上昇は、ヘモグロビンの酸素結合能力を増加させる。
(4) 二酸化炭素は、血液中で重炭酸イオン(HCO3-)になる。
(5) 1秒量とは、最大呼気位から最初の1秒間に吸入できる量である。

解答・解説を見る

(1) 横隔膜は、呼気時に弛緩する。また、横隔膜は吸気時に収縮する。

(2) 気管支平滑筋は、副交感神経の興奮で収縮する。

(3) 血中二酸化炭素分圧の上昇は、ヘモグロビンの酸素結合能力を低下させる。

(4) 二酸化炭素は、血液中で重炭酸イオン(HCO3-)になる。

(5) 1秒量とは、最大呼気位から最初の1秒間に呼出できる量である。


お問い合わせはこちら