28-25 酵素に関する記述である。


スポンサーリンク

28-25 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) アポ酵素は、単独で酵素活性をもつ。
(2) 基質との親和性が低いと、ミカエリス定数(Km)は小さい。
(3) 酵素活性の調節機構として、酵素たんぱく質のリン酸化がある。
(4) アロステリック部位は、酵素の基質結合部位である。
(5) アイソザイムは、同じ一次構造をもつ。

解答・解説を見る

(1) アポ酵素は、単独で酵素活性を持たない。

(2) 基質との親和性が低いと、ミカエリス定数(Km)は大きくなる。

(3)  酵素活性の調節機構として、酵素たんぱく質のリン酸化がある。

(4) アロステリック部位は、酵素の基質結合部位以外への結合である。

(5) アイソザイムは、異なる一次構造と同じ触媒作用をもつ。

問題・解説についてのお問い合わせ