28-165 大規模な社会調査を面接法で行うことの長所である。


スポンサーリンク


28-165 大規模な社会調査を面接法で行うことの長所である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 調査員が対象者の個人情報に触れることがない。
(2) 調査員によるバイアスがかからない。
(3) 質問の意図が対象者に理解されやすい。
(4) 調査に要する時間が短い。
(5) 低予算で実施できる。

解答・解説を見る

(1) 調査員が対象者の個人情報に触れる可能性がある。

(2) 調査員の経験が影響し、調査員によるバイアスはかかりやすい。

(3) 質問の意図が対象者に理解されやすい。

(4)とくに面接法では、調査に要する時間が長い。

(5) 調査員の人件費などで予算がかかるため、低予算では実施できない。


お問い合わせはこちら