28-162 食事調査法に関する記述である。


スポンサーリンク


28-162 食事調査法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 秤量記録法では、世帯単位の調査はできない。
(2) 秤量記録法では、習慣的な食事内容の変更が生じにくい。
(3) 24時間思い出し法では、面接者間の面接手順を統一させる。
(4) 24時間思い出し法では、食物摂取頻度調査法と比べ調査者の負担が小さい。
(5) 食物摂取頻度調査法では、国際的に統一された食品リストを用いる。

解答・解説を見る

(1) 秤量記録法では、世帯単位の調査ができる。

(2) 秤量記録法では、習慣的な食事内容の変更が生じやすい。

(3) 24時間思い出し法では、面接者間の面接手順を統一させる。

(4) 24時間思い出し法では、食物摂取頻度調査法と比べ調査者の負担が大きい。

(5) 食物摂取頻度調査法では、国際的に統一された食品リストを用いられない。(国際的に統一された食品リストは無い。)


お問い合わせはこちら