28-161 諸外国及び国際機関における健康・栄養政策に関する記述である。


スポンサーリンク


28-161 諸外国及び国際機関における健康・栄養政策に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) 世界栄養会議(1992年)において、「食事、運動、健康に関する世界戦略」が採択された。
(2) ミレニアム開発目標の優先課題には、極度の貧困と飢餓の撲滅がある。
(3) 世界保健機関(WHO)は、教育機会拡大を目的とした学枚給食プログラムを実施している。
(4) 国連食糧農業機関(FAO)は、非感染性疾患(NCD)のコントロールを目的としたガイドラインを作成している。
(5) 国際栄養士連盟(ICDA)は、栄養士業務の国際的な標準化を目指している。

解答・解説を見る

1) 世界栄養会議(1992年)において、世界栄養宣言と行動計画が批准された。
「食事、運動、健康に関する世界戦略」は2004年5月の世界保健総会により提唱された、非伝染性疾病対策についての世界戦略である。

(2) ミレニアム開発目標の優先課題には、極度の貧困と飢餓の撲滅がある。

(3) 国際世界食糧計画(WFP)では、教育機会拡大を目的とした学枚給食プログラムを実施している。

(4)世界保健機関( WHO)は、非感染性疾患(NCD)のコントロールを目的としたガイドラインを作成している。

(5) 国際栄養士連盟(ICDA)は、栄養士業務の国際的な標準化を目指している。


お問い合わせはこちら