28-169 第1次食育推進基本計画の5年後の評価で、改善が見られた評価項目である。


スポンサーリンク


28-169 第1次食育推進基本計画の5年後の評価で、改善が見られた評価項目である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1) メタボリックシンドロームを認知している国民の割合
(2) 朝食を欠食する小学生の割合
(3) 学枚給食における地場産物を使用する割合
(4) 食事バランスガイド等を参考に食生活を送っている国民の割合
(5) 食育の推進に関わるボランティアの数

解答・解説を見る

 改善が見られた評価項目
 ・メタボリックシンドロームを認知している国民の割合
 ・食育推進に関わるボランティアの数
 ・食育に関心を持っている国民の割合
 ・朝食を欠食する子どもの割合

 悪化した評価項目
 ・「食事バランスガイド」等を参考に食生活を送っている国民の割合
 ・朝食を欠食する20・30歳代男性の割合 
 ・食品の安全性に関する基礎的な知識を持っている国民の割合


(1) メタボリックシンドロームを認知している国民の割合は、改善が見られた。

(2) 朝食を欠食する小学生の割合、改善が見られた。

(3) 学枚給食における地場産物を使用する割合、改善が見られた。

(4) 食事バランスガイド等を参考に食生活を送っている国民の割合は、悪化した。
 58.8%から50.2%と、悪化した。

(5) 食育の推進に関わるボランティアの数、改善が見られた。


お問い合わせはこちら