27-122 診療報酬制度における栄養サポートチーム加算に関する記述である。


スポンサーリンク


27-122 診療報酬制度における栄養サポートチーム加算に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1) 2000年に新設された。
(2) 経口摂取できる患者は、算定対象にならない。
(3) 管理栄養士は、専従者になることができる。
(4) 療養病棟の患者は、算定対象になる。
(5) 算定患者数は、lチーム1日当たり50人である。

解答・解説を見る

(1) 2010年(平成22年)に新設された。

(2) 経口摂取できる患者でも、算定対象になる。

 栄養サポートチーム加算は、栄養管理計画書を策定している患者であって、「血中アルブミン値3.0㎎/㎗以下の者」、「経口摂取又は経腸栄養への移行を目的として、静脈栄養法を行っているもの」、「経口摂取の移行を目的として、現に経腸栄養法を行っている者」、「栄養サポートチームが、栄養治療により改善が見込めると判断した患者」のいずれかが該当するものが対象となる。

(3) 管理栄養士は、専従者になることができる。

 所定の研修を修了した医師、看護師、管理栄養士、薬剤師が専従者になることができる。

(4) 療養病棟の患者は、算定対象である。

(5) 算定患者数は、1チーム1日当たり30人または15人以内である。

 栄養サポートチーム加算200点を取る場合→1チーム1日当たり30人以内。週一回に限って算定可能。
 栄養サポートチーム加算100点を取る場合→1チーム1日当たり15人以内。


参考:医学通信社,2017,「診療点数早見表」.


お問い合わせはこちら