ホーム » 投稿 » 26-6 直接法による年齢調整死亡率に関する記述である。

26-6 直接法による年齢調整死亡率に関する記述である。

スポンサーリンク


26-6 直接法による年齢調整死亡率に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 集団によらず、粗死亡率は年齢調整死亡率よりも高い。
(2) 観察集団の年齢階級別死亡率が必要である。
(3) 基準集団の年齢階級別死亡率が必要である。
(4) 標準化死亡比として算出する。
(5) 人口規模の小さな集団に適した方法である。

解答・解説を見る

(1) 年齢によって粗死亡率は変化する。

 高齢化の進んでいる現在の日本においては、粗死亡率は上昇しているが、年齢調整死亡率は低下傾向にある。

(2) 観察集団の年齢階級別死亡率が必要である。

(3) 基準集団の年齢階級別人口が必要である。

(4) 直接法では標準化死亡比として算出しない。

(5) 直接法は、人口規模の大きな集団に適した方法である。

スポンサーリンク