ホーム » 投稿 » 26-4 水道法に基づく水質基準に関する記述である。

26-4 水道法に基づく水質基準に関する記述である。

スポンサーリンク


26-4 水道法に基づく水質基準に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 生物化学的酸素要求量(BOD)についての基準値が定められている。
(2) pHについての基準値が定められている。
(3) 一般細菌は、「検出されないこと」となっている。
(4) 水銀は、「検出されないこと」となっている。
(5) トリハロメタンは、「検出されないこと」となっている。

解答・解説を見る

(1) 生物化学的酸素要求量(BOD)は水質汚濁指標の項目であるが、水道基準とは関係は無い。

(2)pHは、5.8以上8.6以下

(3) 一般細菌は、100CFU/mL以下( 1mlの検水で形成される集落数が100以下)とされている。
 「検出されないこと」とされているのは、大腸菌のみである。

(4) 水銀は、0.0005㎎/L以下とされている。

(5) トリハロメタンは0.1㎎/L以下とされている。


参考・引用文献

・厚生労働省「水質基準項目と基準値(51項目)」(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/kijun/kijunchi.html)

スポンサーリンク


関連記事