26-2 わが国の公衆衛生・予防医学の歴史に関する記述である。


スポンサーリンク


26-2 わが国の公衆衛生・予防医学の歴史に関する記述である。正しいのはどれか。 1つ選べ。

(1) 初めて種痘が行われたのは、明治時代である。
(2) 国民皆保険制度が導入されたのは、大正時代である。
(3) 初めて「衛生」という言葉が用いられたのは、第二次世界大戦後である。
(4) 結核による死亡が激減したのは、昭和20年代である。
(5) 初めて保健所ができたのは、昭和40年代である。

解答・解説を見る

(1) 初めて種痘が行われたのは、江戸時代末期である。

(2) 国民皆保険制度が導入されたのは、昭和36年である。

(3) 初めて「衛生」という言葉が用いられたのは、明治時代である。

(4)結核による死亡が激減したのは、昭和20年代である。
 第二次世界大戦後の昭和26年に、結核予防法が制定され、ペニシリンを用いた化学療法の普及などによって結核による死亡は激減した。

(5) 初めて保健所ができたのは、昭和12年である。


お問い合わせはこちら