コンテンツへスキップ

26-8 調べたい事柄と疫学の方法との組合せである。

    スポンサーリンク


    26-8 調べたい事柄と疫学の方法との組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) 特定保健用食品の効果 ——— 地域相関研究

    (2) 新型インフルエンザの罹患率 —– 横断研究

    (3) 腸管出血性大腸菌食中毒の原因食品 — コホート研究

    (4) 悪性中皮腫と石綿曝露との関連 —– 症例対照研究

    (5) 放射性物質の健康影響 ——— ランダム化比較対照試験(RCT)

     

    解答・解説を見る

    (1) 特定保健用食品の効果にはランダム化比較対照試験(RCT)が用いられる。

    (2) 新型インフルエンザの罹患率を調べる方法は横断研究ではなく縦断研究である。

    (3) 腸管出血性大腸菌食中毒の原因食品 には症例対照研究を用いる、

    (4) 悪性中皮腫と石綿曝露との関連 —– 症例対照研究

    (5) 放射性物質の健康影響 には、症例対照研究を用いる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事