26-20 介護保険制度に関する記述である。


スポンサーリンク


26-20 介護保険制度に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 介護保険の保険者は、国である。
(2) 介護保険料は、20歳から負担する。
(3) 要介護2の方が要支援2より、多くの介護が必要とみなされる。
(4) 要介護認定は、介護支援専門員が行う。
(5) 介護保険は、予防給付には適用されない。

解答・解説を見る

(1) 介護保険の保険者は、市町村である。

(2) 介護保険料は、40歳から負担する。

 65歳以上では、第1号被保険者
 40~64歳では、第2号被保険者となる。

(3)要支援1~2・要介護1~5の7段階に分類される。

 要介護5では最も多くの介護が必要とされる。

(4) 要介護認定は、市町村が行う。介護支援専門員は審査や判定を行う。

(5) 介護保険は、予防給付に適用される。(予防給付と介護給付がある。)

 介護保険のサービスには、「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の3つがある。


お問い合わせはこちら