ホーム » 投稿 » 26-101 生活習慣病予防に関する記述である。

26-101 生活習慣病予防に関する記述である。

スポンサーリンク


26-101 生活習慣病予防に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 食事調査における過小申告の程度は、肥満度の影響を受ける。
(2) エネルギー摂取量の過不足の評価は、血糖値により判断する。
(3) 皮下脂肪は、内臓脂肪より分解されやすい。
(4) 肥満度と血清尿酸値の間には、負の相関関係がある。
(5) 食物繊維の目標量(DG)は、10g/日以上である。


(1) 食事調査における過小申告の程度は、肥満度の影響を受ける。
(2) エネルギー摂取量の過剰の評価は、BMIにより判断、不足の評価は推定平均必要量による判断する。
(3) 皮下脂肪は、内臓脂肪より分解されにくい。
(4) 肥満度と血清尿酸値の間には、正の相関関係がある。
高尿酸血症の食事療法の一つに「適正エネルギーの摂取」が示されており、同時に適正体重の維持も勧められている。
(5) 食物繊維の目標量(DG)は、男性19g/日以上、女性17g/日以上である。(食事摂取基準2010)

スポンサーリンク


関連記事